社協ブログ


帯広市社会福祉協議会の
出来事や情報を更新中!

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Profile
Selected Entries
Recent Comments
  • 「パステル画で年賀状教室」を開催しました
    オオエです! (12/11)
  • 地域人材確保対策支援事業による合同研修会(第1回目)を行ないました
    匿名 (10/08)
  • 地域人材確保対策支援事業による合同研修会(第1回目)を行ないました
    匿名 (10/06)
  • 地域人材確保対策支援事業による合同研修会(第1回目)を行ないました
    月夜のうさき (10/05)
  • 地域人材確保対策支援事業による合同研修会(第1回目)を行ないました
    米子 (10/03)
Categories
Archives
Others
Recommend


スポンサーサイト
2018.08.14 Tuesday | - | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています

「森のたき火パン教室」を開催しました!
2014.10.01 Wednesday | 障がい者社会参加 | comments(0) | -

【日時】平成26年9月23日(火)9:0012:00

【場所】帯広の森・はぐくーむ

 

今年度第3回目の障がい児(者)余暇活動支援事業「森のたき火パン教室」を開催しました。

はぐくーむの澁谷洋一施設長によるご挨拶のあと、早速パン作りがスタートしました。

まずは生地づくりです。材料は、小麦・砂糖・塩・ドライイースト・水・オリーブオイルです。ビニール袋にそれぞれ分量を入れて丁寧にこね、最後にオリーブオイルを加えてひとまとまりになるまでこねます。ビニール袋に各自の名前を書き、パンの発酵を待ちます。

発酵を待つ間に次の工程として、パンを焼くための枝集めをします。お天気にも恵まれ、さわやかな秋日和の中、施設周辺の森林を散策しながら、たくさんの枝を集めました。

そして最後に、着火剤となる白樺の樹皮をバケツ一杯に集め、いよいよ点火です。マッチを使用したことのない参加者も少なくなく、正しい使用方法を教えてもらい、慎重に点火しました。パンは炎ではなく遠赤外線によって焼くため、枝が炭になるまで一生懸命うちわで扇ぎました。

いよいよパン生地の出番です。発酵して少し膨らんだ生地を、アルミホイルを巻いた棒に巻き付け、ゆっくり焼いていきます。全体がキツネ色になったら完成です。完成後はお待ちかねの試食タイムです。自分で作ったパンの味は、格別だったのではないでしょうか。参加者のまぶしい笑顔が見られたことが、一番の収穫でした。

今年度は残り2回の教室を予定しております。次回は「かんたん木工教室」です。今回同様に帯広の森・はぐくーむにて実施予定です。詳しい情報はまたお知らせします。


 

 

 

 

 

スポンサーサイト
2018.08.14 Tuesday | - | - | -









<< 社協フェスタ&わいわいタウン帯広2014 パート6 | main | 車いす5台を寄贈していただきました。 >>