社協ブログ


帯広市社会福祉協議会の
出来事や情報を更新中!

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
Profile
Selected Entries
Recent Comments
  • 「パステル画で年賀状教室」を開催しました
    オオエです! (12/11)
  • 地域人材確保対策支援事業による合同研修会(第1回目)を行ないました
    匿名 (10/08)
  • 地域人材確保対策支援事業による合同研修会(第1回目)を行ないました
    匿名 (10/06)
  • 地域人材確保対策支援事業による合同研修会(第1回目)を行ないました
    月夜のうさき (10/05)
  • 地域人材確保対策支援事業による合同研修会(第1回目)を行ないました
    米子 (10/03)
Categories
Archives
Others
Recommend


〜「障がい児(者)余暇活動支援事業」を開催しました
2016.08.12 Friday | 障がい者社会参加 | comments(0) | -

第1回講座「室内スポーツ教室」

【日時】平成28年6月26日(日)10:00〜12:00

【場所】帯広市立豊成小学校 2階体育館

 道内で障がい者スポーツの普及活動に取り組んでいる「NPO法人あ・りーさだ」(正木英之代表理事)の講師2人を迎え、参加者はパラリンピックの正式種目のハンドサイクルやバスケットボール用車椅子の乗り方の指導を受け、また、フライングディスクにチャレンジしていました。

 教室の後半では、参加者の家族と帯広大谷短期大学ボランティアサークル「森のくまさん」の5人も加わり、2班に分かれてディスクゴルフ大会を開催しました。

 皆が真剣にディスクを投げるごとに応援の大歓声があがるなど、大会を大いに楽しんでいました。

 

▲ハンドサイクルの乗り方について指導を受ける参加者

 

▲車椅子バスケットを実際に体験

 


▲フライングディスクにチャレンジ

 

▲帯広大谷短大「森のくまさん」のメンバー

 

▲ディスクゴルフ大会の様子

 

 

 

第2回講座「水辺わくわく教室」

【日時】平成28年8月7日(日)10:00〜12:00

【場所】エールセンター十勝

 屋外での体験学習として、障がい児(者)への指導ノウハウのある帯広NPO28サポートセンターの協力を得て、ボート体験・川探検を行う「水辺わくわく教室」を開催しました。教室前半は札内川を会場に伝馬船レース大会(小さな木製ボートを使用した、笹船レースのようなレース大会)を実施。参加者は、ゆっくりとした川の流れに合わせて進む、それぞれが選んだ木製ボートを応援し、大変盛り上がっていました。

 教室後半では、Eボートやカヤック体験をしたり、網を使って水中生物を観察するなど、川遊びを満喫していました。

 

▲伝馬船レースの説明を受ける参加者

 

▲自分たちの船を応援する参加者

 

2グループに分かれてEボートを体験

 

▲初めてのカヤック体験

 

▲川探検で小魚をみつけました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛情銀行に預託していただきました
2016.06.28 Tuesday | 愛情銀行 | comments(0) | -

【と き】平成28年6月28日(火)

【ところ】帯広市社会福祉協議会会長室 

 十勝民謡連盟様より、本会愛情銀行に預託していただきました。

 十勝民謡連盟様は、昭和62年より、預託をしていただき今回で

29回目の預託となります。

 預託金は、本会が実施する社会福祉事業のために、大切に使わせ

ていただきます。

左より、矢部麗子十勝民謡連盟会計、林三千雄十勝民謡連盟会長、

                            大久保事務局長

愛情銀行に預託していただきました
2016.06.28 Tuesday | 愛情銀行 | comments(0) | -

【と き】平成28年6月13日(月)

【ところ】帯広市社会福祉協議会会長室

 帯広建設業協会様より20万円を、交通等災害遺児福祉基金に預託を

していただきました。

 帯広建設業協会様は、昭和52年より、毎年預託をしていただき今回

で40回目の預託となります。

 預託金は、交通災害、労働災害、自然災害、不慮の災害などに被災し

た児童を抱える世帯の自立支援の図るために、大切に使わせていただき

ます。

左より、塚田潔専務理事、村上誠交通安全委員長、

          畑中三岐子社協会長、小寺英吉道社協十勝地区事務所所長

 

 

『時の記念日』壁掛時計の寄付受納及び贈呈式を開催しました。
2016.06.17 Friday | 愛情銀行 | comments(0) | -

【日時】平成28年6月10日(金) 10:00〜

【場所】帯広市グリーンプラザ1階 会議室BC

 

 帯広時計貴金属眼鏡商組合様(久富一夫組合長)より、本会の愛情銀

行へ6月10日の『時の記念日』に合わせ電波式壁掛時計(4台)の寄

贈及び時計修理の技術提供(1台)がありました。この寄贈は、昭和

49年から同組合より申し出を受け、今年で43回目を迎えました。寄

付に際し、久富組合長より同組合のこれまでの取り組み、近年普及して

いる電波時計についての説明、また時間を大切にする気持ちを持ち続け

ていただきたいとのお話をいただきました。

    贈呈を受けた福祉施設を代表して、真宗協会帯広マイトリーの樋渡施

 設長からは「仕事へ向かう施設の利用者にとって時計は大切なもの。

  施設の皆が一番目にする食堂へ時計を設置し、大切に利用したい」と

 久富組合長へ感謝の言葉がありました。

 

 感謝状の贈呈

 久富組合長より時計の贈呈

 

 樋渡施設長よりお礼のお言葉

 

 記念写真

障がい児(者)が農作業、農高生と交流
2016.06.17 Friday | 障がい者社会参加 | comments(0) | -

〜平成28年度「第15回すこやか農園」が開園!〜

 

【日時】 平成28年5月14日(土)10:00〜12:00

【場所】 帯広農業高校ほ場

 

 障がい児(者)が農作業を通じて帯広農業高校生徒らと交流する、「第15回すこやか農園」の開園式が行われました。

 この事業は、市社協が主催し、帯広農業高校のボランティア活動の協力を得ながら、障がい児(者)をもつ親の会と協力団体とが、自然の中で協働して播種から収穫までの農作業を取り組み、共に学び・楽しむことで、障がい児(者)の社会参加の促進を図るとともに、ノーマライゼーションへの理解を深める「場」として実施しています。

 当日は、晴天の下、関係者ら約130人が参加し、ジャガイモや玉ねぎなどの苗植えを行った他、子どもたちは農高生徒との交流を楽しみました。

 今後は、6月18日(土)と7月17日(日)に生育調査・交流会、9月10日(土)に収穫祭を予定しています。

 

 

▲開園式であいさつをする帯農高農業クラブ会長

 

▲種や苗植えを紙芝居で説明する農高生

 

 

 

▲農高生徒と一緒に農作業をする子どもたち

 

 

 

 

 

▲交流会の様子

 

▲最後に参加者みんなで記念撮影

 

 

 

 

 

 

地域包括支援センター サテライト事業所を開設しました
2016.04.22 Friday | 地域包括支援センター | comments(0) | -
地域包括支援センター サテライト事業所を開設しました
 
地域包括支援センター帯広市社会福祉協議会では、相談窓口の利便性を高めるため、グリーンプラザ内に設置しています地域包括支援センターに加え、川北圏域にセンターのサテライト事業所として「地域包括支援センター帯広市社会福祉協議会(北)」を本日開設いたしました。

 
地域で暮らす高齢者の皆さまのより身近な相談窓口としてお役に立てるよう、きめ細かい支援に取り組む所存でございます。
職員一同精一杯努力して参りますので、ご指導・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

左から鹿又ケアマネ・小野寺ケアマネ・盒脅匆駟〇禹痢θ中会長・藤原センター長

本日よりサテライト事業所を担当する3名の職員
 
事業所名称 
 
地域包括支援センター帯広市社会福祉協議会(北)
所在地 
 〒080-0044 帯広市西14
北1丁目1番地18 アディ14 A-1
電話番号 
 0155-66-4535

FAX 
 0155-66-4536

 
 
【問い合わせ先】
地域包括支援センター帯広市社会福祉協議会
電話:0155-21-3292

 
 
平成27年度災害ボランティア養成講座を開催しました
2016.03.16 Wednesday | ボランティア | comments(0) | -
 日時:平成28年2月22日(月) 午後1時30分〜午後3時30分

 帯広市に地震、洪水などの災害が発生したら。

 大規模災害が発生したときに備え、災害時のボランティア活動について関心を持ち、自分に何ができるのかをこの講座を通して考えるキッカケとなるよう開催しました。

 講師にNPO法人帯広NPO28サポートセンター 理事長 千葉 養子氏を招き『知ろう わが町 災害に備えて』をテーマに、帯広市で地震や洪水など大きな災害が発生した場合を想定し、帯広市の地図を利用し「災害図上訓練 DIG」を行ない、事前に危険を予測し、避難場所や避難経路を地図に書き込むことにより即応性ある避難準備、対策を考えました。

「災害図上訓練 DIG」について説明。

     始めに、震度6強の地震が発生したとの想定で、1分後、3時間後、

    避難所に行く前の行動についてグループワークをしました。

     発表・・・

     多くの意見があります。

     地図上の公共施設や公園、避難場所に印をつけてください。

     地図を見る機会が少ないので、意外と探すのに苦労しています。

     出来上がり。



平成27年度(第22回)ボランティア活動助成
2016.02.15 Monday | - | comments(0) | -
 

 公益財団法人大和証券福祉財団の「平成27年(第22回)ボランティア活動助成」に採用された、本会ボランティアセンター登録団体「WEW とかち」の助成金贈呈式が行われました。
 今年度、北海道内で選ばれたのは「WEW とかち」のみでした。

日時:平成28年2月12日(金) 午前10時
場所:帯広市社会福祉協議会


大和証券福祉財団谷口事務局長から、WEWとかち代表 若菜共同代表へ
贈呈書と助成金30万円の目録が贈呈されました。          






左から、大和証券福祉財団 谷口事務局長
     WEWとかち代表  若菜共同代表
    帯広市社会福祉協議会 畑中会長


平成28年 福祉関係者新年交流会を開催しました
2016.01.18 Monday | - | comments(0) | -

日時:平成28年1月15日(金) 午前11時30分

場所:とかち館 鳳凰の間

 帯広市内の福祉関係者約160名が一堂に会し、福祉関係者新年交流会を開催しました。主催者である帯広市社会福祉協議会畑中三岐子会長が挨拶。来賓を代表して、米沢則寿帯広市長、小森唯永帯広市議会議長からご挨拶をいただき、高宮裕帯広市町内会連合会会長の発声で乾杯し、軽食をとりながらの和やかな親睦と交流を図ることかできました。会の締めとして、松田安巨北海道民生委員児童委員連盟帯広支部副支部長より閉会のご挨拶をいただきました。

本年も帯広市社会福祉協議会は、地域福祉の向上を図るため、交流会にお集まりいただいた方々をはじめ、関係機関の皆様と更なる連携を図り、様々な事業に取り組んでまいります。

◇主催者挨拶

 帯広市社会福祉協議会 会長 畑中三岐子

◇来賓挨拶

 帯広市長 米沢則寿様

 帯広市議会議長 小森唯永様

◇交流会




「ゲレンデスキー教室」を開催しました
2016.01.18 Monday | 障がい者社会参加 | comments(0) | -
【日時】平成28年1月12日(火)10:00〜15:00

【場所】メムロスキー場

 

 今年度第4回目の障がい児(者)余暇活動支援事業「ゲレンデスキー

教室」を開催しました。

 当日は市内在住の障がい児(者)と小中学校特別支援学級在籍の児童

徒が参加し、めむろスキースクールのインストラクターによるマンツ

ーマン指導を受け、ゲレンデスキーを楽しみました。


▼開講式で担当の先生とあいさつする参加者


▼先生と一緒に準備体操!


▼マンツーマン指導を受ける参加者


▼先生が丁寧に指導してくれます


▼先生と一緒に特訓中


▼1日でこんなに上達しました


▼閉講式で先生から修了証の交付を受ける参加者

Check


| 1/16Pages | >>